スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    精神疾患医療の在宅支援

    医療ニュース comments(0) trackbacks(0) ka-i-go
     今年の診療報酬改定で長期入院が問題化となっている精神科で、患者が地域で暮らすための在宅医療を強化し医師らが24時間体制で対応する場合の報酬を新設する方向だという。
     認知症やがん治療の場合も後押しをする方針の様だ。
     精神疾患の分野では必要性の薄い社会的入院が問題となっているが、病院以外への施設や患者の自宅などへの移行を進めるとしている。具体的には医師や看護師、精神保健福祉士などの専門家チームが長期入院後に退院した患者らを24時間体制で支援する場合報酬を加算するというものだ。
     また、がん患者を継続的に支える報酬制度も新設するという。
     抗がん剤の副作用や心のケアを行う指導・カウンセリングは現在1回のみ認められているが、改正後は継続したサポートの場合も報酬が支払われるという。
     何はともあれ、在宅誘導する方向性は賛成ですが医療の分野だけではなく介護分野への報酬アップも検討されるべきだろう。
    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM