スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    慢性骨髄性白血病に新薬

    新薬 comments(0) trackbacks(0) ka-i-go

     慢性骨髄性白血病に主として用いられている治療薬のグリベック(一般名:メシル酸イマチニブ)が効きにくい患者らに対する2種類の新薬が先月、承認された事が明らかになった。

     タシグナカプセル(同ニロチニブ塩酸塩水和物)とスプリセル錠(同ダサチニブ水和物)の2薬がそうである。
     同病患者は国内で約8000人と推定されているが、そのうち2割の患者にはグリベックの効果が不十分だったり、副作用が強くて服用継続が難しかったりする問題があったが、今回承認された二つの薬は、そういった患者にも有効性が高いとされている。

    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM