スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    脳性まひの治療に光明

    医療の研究成果 comments(0) trackbacks(0) ka-i-go
     未熟児の脳性まひの一因になる脳症によって失われた神経細胞を、「iPS細胞」や、脳内にもともと存在する幹細胞を使って再生させる研究に、名古屋市立大の沢本和延教授(神経再生医学)らのチームが乗り出す事がわかった。

     この研究の対象となる脳症は、主に妊娠33週未満の早産児に起きる「脳室周囲白質軟化症(PVL)」で、脳への血流障害が原因で、脳室の周囲にある運動神経が失われるのだという。
     生後2週間ごろから画像診断できるが、足のまひなどの症状が出るのは生後4、5カ月ごろからであり、33週未満で生まれた新生児の約1割がPVLを発症しているという。
    • 0
      • Check

      スポンサーサイト

      - - - スポンサードリンク
      • 0
        • Check
        コメント一覧
        コメントする

         

        トラックバック

        この記事のトラックバックURL

        無料ブログ作成サービス JUGEM