スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    うがい薬が保険対象外に

    医療の現場から comments(0) trackbacks(0) ka-i-go
     政府は2014年4月の法改正でうがい薬のみを患者に処方する場合は健康保険対象外とする方針を固めた。
    こうした処置等で医療費を240億円削減するのが狙いの様だ。
     ただ。。。うがい薬のみではなく別の処方薬とあわせて処方する場合は保険適用となるため必要以上にあわせての
    処方が多発する危険も含まれている。

    錠剤のシートごとの飲み込みに注意

    医療の現場から comments(0) trackbacks(0) ka-i-go
     高齢者らによる薬の錠剤を包装シートごと飲み込んでしまう事故が後を絶たないという
    製薬メーカーはこの事態を重く見て1996年にシートを細かく分割できない様なシートに改善する等したが
    その後でも年間10件前後の事故が発生しているそうだ。
     家庭や施設で服用しやすい様にと1錠ごとに切り分けているのが要因だという。
     あやまって飲み込んでしまうと喉や食堂が傷つけられてしまう恐れがある。

     ご家庭はもぢろん施設でも十分に注意すべきだろう

    ノロウイルス

    医療の現場から comments(0) trackbacks(0) ka-i-go
     またノロウイルスの発生が増えています。
    ご家族にノロウイルス感染者が出た場合は嘔吐したものをきちんと清掃するだけではなく
    ハイターを薄めたもので拭き掃除することで感染の拡大がかなり抑えられます。

    それだけ元気があれば病院に来る必要ないのでは?

    医療の現場から comments(0) trackbacks(0) ka-i-go

     香川県内の医療機関で、職員が患者から暴力や暴言を受ける被害が深刻化しており、先月には県内で、傷害や暴行の疑いで逮捕される患者も相次いだという。
     これらの「院内暴力」に対処するため、ここ数年、専門部署を設置したり、警察OBを常駐させたりする病院も増えているそうだ。
     香川県も今年度、暴力の予防に重点を置いたマニュアルづくりに乗り出しており、医療現場での対策強化が進んできているというが。。。

     中には救急搬送されてきた患者を先に治療した事に腹を立て、医師を殴る等の事件があったという。。
     それだけ元気なら順序は一番最後でも問題ないのでは??

    後期高齢者医療制度のずさんさ

    医療の現場から comments(0) trackbacks(0) ka-i-go
     4月からスタートしている後期高齢者医療制度の保険証が手元に届かない事例が相次いでいる問題について、9日現在で6万3468人に届いていないことが厚生労働省の集計で分かったという。
     何のための法改正なのか・・・。保険証もなくどうやって制度を利用しろというのか・・・。
     あまりにもずさんな管理体制と見切り発車に憤りを感じる!

    時代は変わる

    医療の現場から comments(0) trackbacks(0) ka-i-go
     大学の医学部に、献体を申し出る人が増えているのだそうだ。
     解剖実習は医師免許を得るために欠かせない課程の一つではあるのだが、かつての大学は献体集めに大変な苦労をしたが、最近では希望者が多すぎて登録の制限を始めたケースもあるほどなのだという。
     時代の変化なんでしょうかね・・・。
    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM