スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    慢性骨髄性白血病に新薬

    新薬 comments(0) trackbacks(0) ka-i-go

     慢性骨髄性白血病に主として用いられている治療薬のグリベック(一般名:メシル酸イマチニブ)が効きにくい患者らに対する2種類の新薬が先月、承認された事が明らかになった。

     タシグナカプセル(同ニロチニブ塩酸塩水和物)とスプリセル錠(同ダサチニブ水和物)の2薬がそうである。
     同病患者は国内で約8000人と推定されているが、そのうち2割の患者にはグリベックの効果が不十分だったり、副作用が強くて服用継続が難しかったりする問題があったが、今回承認された二つの薬は、そういった患者にも有効性が高いとされている。

    チャンピックス

    新薬 comments(0) trackbacks(0) ka-i-go
     たばこがやめられないという「ニコチン依存症」の治療に、飲み薬タイプの新薬「チャンピックス」(一般名:バレニクリン)が、まもなく保険適用になり販売開始になる。
     禁煙の成功率を高める新たな選択肢に期待がかかるが、服用までにはカウンセリングや再喫煙を防ぐ環境整備の重要性に変わりはないという。

     ただ、「禁煙」が自らの健康だけではなく周囲の方々への健康にも役立つ事を肝に命じて欲しい!

    肥満症治療薬

    新薬 comments(0) trackbacks(0) ka-i-go
     エーザイは肥満症を快勝する飲み薬を承認申請に提出した。
     満腹感を増やし過剰な栄養摂取を抑え体内での熱の生成能力を高める事で体重を減らすというものだそうで来年以降に発売を開始する見込みなのだそうだ。
     この薬は既に世界では多くの国々で承認されているものだという。

    新薬の承認期間を短縮へ

    新薬 comments(0) trackbacks(0) ka-i-go
     枡添厚生労働大臣は、「新薬」の承認にかかる期間をこれまでよりも大幅に短縮しアメリカ並みにする目標を明らかにした。
     海外で新薬が開発され、日本で承認されるまでには現在は4年程度かかるのだという。
     これを1年半ほどに短縮したいという考えの様だ。

    エイズ新薬

    新薬 comments(0) trackbacks(0) ka-i-go
     エイズの被害者は日本でも静かに、そして着実に増加しているが、アメリカでこのほどエイズウィルスの増殖をこれまでとは違った観点で防ぐとされる新薬がアメリカ食品医薬局(FDA)から認可を受けた事が分かった。
     その薬はアメリカの医薬品大手のメルク社が開発した「アイセントリス」というそうだ。
     従来の薬品では、エイズ増殖を抑える事が出来なくなった、言い換えれば従来の薬に対しての抵抗性が現れだした患者に対して併用薬として処方される予定だという。


    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM