スポンサーサイト

- - - スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0

    介護ロボット

    介護関連ニュース comments(0) trackbacks(0) ka-i-go
     国の開発費用の促進等で2020年度の介護ロボットの国内市場が350億円にまで達する予想なのだそうだ。
    2012年度が1億7千万であることを考えると200倍になる予想だ。
     ちなみに2012年度の国内の介護ロボットの市場規模は排泄補助が1億2千万円で全体の約70%になるそうだ。

     ただ。。。ロボットはあくまでも補助的な役割であって本来は血の通った人の手で行って欲しい・・・

    秋田老老介護殺人事件

    介護関連ニュース comments(0) trackbacks(0) ka-i-go
    昨年末に秋田市の県営住宅で、92歳の母親が66歳の息子に殺害された事件の判決が下った

    40年近くの間、父親と母親に献身的な介護をしてきた長男…
    周囲からも嘆願書が出され、懲役3年、執行猶予5年の判決が下った

    京都でバリアフリーの試み

    介護関連ニュース comments(0) trackbacks(0) ka-i-go
      全国でも有数の観光名所がありながら歩きにくい坂道や細道の多いことでも知られる京都市の東山区で。誰でも安心して散策を楽しめる様にと「ユニバーサルツーリズム」推進の試みが始まるという。
     その一環として3月4日から3日間。「車いすツーリズム3デイズ!」と題して、市民が車いすで社寺などを巡る体験イベントを開催すると言う。 
     同区内では清水寺などでは境内のバリアフリー化は進む一方、「産寧坂」「茶わん坂」などの坂道が有名社寺の近くに多く。高齢者や障害者には難所にもなっていた。

    夜間対応型訪問介護

    介護関連ニュース comments(0) trackbacks(0) ka-i-go
     
     ホームヘルパーが夜間に高齢者の訪問介護を行う介護保険制度の「夜間対応型訪問介護」について、会計検査院の調査によると休止もしくは廃止するか、あるいは利用が想定していたものの3割未満にとどまる介護事業所が7割にも上ったことが明らかになった。
     こうした事業所に支払われている16億1200万円が無駄になっているとして厚生労働省に改善を要求したという。

    JR北陸線で嘘の説明

    介護関連ニュース comments(0) trackbacks(0) ka-i-go

     JR北陸線の特急列車に車いすで乗っていた福井市内の高齢女性が、福井駅で降りる際に駅員から必要な介助を受けられずに放置されていたことが明らかになった。
     介助する筈だった同駅の男性係長は女性に謝る際に乗車している号車を間違えた等とうその言い訳をし、上司の営業総括助役も駅長にうその報告をするなど、隠ぺいを図っていた事もあわせて明らかになった。
     幸い女性はほかの乗客の介助で駅に降りたというのだが。。。。

     JR西日本。。。。こんな体質だから事故だって減らないのでは。。。。

    送迎用のワゴン車内での転倒事故死で運転手等が書類送検

    介護関連ニュース comments(0) trackbacks(0) ka-i-go

     大阪府で今年2月、送迎中の介護用ワゴン車内で車いすの無職女性(84)が転倒、首の骨を折って死亡した事故について、死亡した女性がシートベルトをしていなかったのが原因として、同ワゴン車を運転していたデイサービス施設の男性職員(28)が自動車運転過失致死容疑で、また同乗の女性職員(30)が業務上過失致死容疑で書類送検された事が明らかになった。
      送迎の途中でシートベルトをしめさせるのは当然のルールだしそれを怠った責任は重い。。。

    重度障害者のためのヘルパー派遣制度を京都市が開始

    介護関連ニュース comments(0) trackbacks(0) ka-i-go

     意思疎通が難しい重度の障害者が入院した場合のコミュニケーション支援や見守りのため、京都市がケアに慣れた人を入院先に緊急派遣する事業を今月から始めた事が明らかになった。
     病院に入院している環境の元では障害福祉サービスが利用できないという国の制度が抱える不備を補う独自の事業で、京都府内では初めての取り組みだ。
     意思疎通できる重度障害者が入院した場合でも、市職員ヘルパーを派遣して対応するとしている。
     重度障害者らでつくる日本自立生活センター自立支援事業所によると、看護師が言葉を理解できず適切な治療を受けられなかったり、体位交換が不十分で床ずれとなるなどのケースがあったり、ナースコールが押せず酷い場合には死亡した例まであったという。
     同制度を利用できるのは(1)言語などでの意思疎通が困難(2)単身か介護者不在の人(3)重度訪問介護か行動援護対象者(4)障害程度区分6の全条件が当てはまる人だとしている。

    介護疲れで長女殺害

    介護関連ニュース comments(0) trackbacks(0) ka-i-go
      同居する長女を殺害したとして、埼玉県秩父市の無職の女(61)が殺人容疑で逮捕された。
     警察の発表によると、同容疑者は金曜日の朝午前9時半頃、自宅2階で長女(25)の首を包丁で刺して殺害した疑いがもたれている。
     同容疑者は「娘の病気で悩み、思い余って殺した」と供述しているという。

     

    特養の介護職員に医療行為の一部を認める方向へ

    介護関連ニュース comments(0) trackbacks(0) ka-i-go
      厚生労働省は、特別養護老人ホームの介護職員に医療行為の一部を認める方針を固めた様だ。  
     特養等の介護の現場に看護職員が少ないため、現実には介護職員が無資格で医療行為を担っていることが多い事から、認められる行為に関する指針を作って安全確保を目指すのだそうだ。
     年内に各地の特養でモデル事業を行い、早ければ来年度にも実施する考えだという。
     モデル事業では、医療行為に対する研修を受けた介護福祉士が、医師や看護職員の指示を受け、口腔内のたんの吸引と、経管栄養の経過観察、片づけを行うとしており、その後の指針作りの参考にする方針の様だ。

     

    車椅子の少女が中学校入学を拒否??

    介護関連ニュース comments(1) trackbacks(0) ka-i-go

     奈良県下市町立小学校をこの春に卒業した、下半身不随で車いす生活を送る少女(12)が、入学を望んだ町立中学校の設備が不十分として、同町教委から入学を拒否され、養護学校への入学を勧められていた事が明らかになった。
     少女の両親は記者会見して、「小学校の頃の友達と一緒に入学させてやりたい。普通学級の方が子供のリハビリにもいい」と訴えたという。
     少女は出生時の脳性まひで下半身や右腕などが不自由で、車いすを使って少しなら自力で移動できるが、通っていた同町立阿知賀小では介助員2人が付き添い、特別担任の元で学校生活を送っていたという。
     中学入学前に、医師や教諭らでつくる町教委就学指導委員会で審議したところ斜面に立つ町立下市中の校舎は階段が多く、施設のバリアフリー化は財政的に厳しいことから、下市中への就学は無理と判断し、町教委は、3月27日に入学を断る連絡をしたのだそうだ。

    • 0
      • Check
      無料ブログ作成サービス JUGEM